へっぽこ釣り師日記店主(村岡忠勇)と弟(村岡泉)の釣行情報を主に紹介しています。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
興津川友釣りin8月 21:44
解禁してからもまだ海のキス釣りに行くことが多く、
7月後半からやっと本格的に自分の鮎釣りが始まりました。

今朝は9時半に釣り仲間の山崎氏と興津川へ。
オトリをあこがれ亭で4匹買い下流へ。

東名下のJA工場前に入る。
オトリを入れたのがおよそ10時。
すると1分もしないうちにオトリサイズの良型が背掛りで釣れた手
続いて2匹目もすぐに掛った。
山崎氏も入れ掛り!


       JA工場横の興津大橋付近

昼12時頃までに山崎氏が8匹、私も8匹。
同じく釣り仲間の青木氏、望月氏から電話
1時頃に合流。
4人で賑やかに友釣りを楽しむのは今シーズン初めてで楽しいたのしい
橋下の日陰でゆっくり昼食を食べ、午後の部開始。



        午後の部 山崎氏と望月氏
        クーラーボックスにカメラを入れていて写真にモヤがかかった・・・

午前中より掛る鮎が小さくなった。
コロガシの人も2人居て、生コン橋から下流に私たちを含めて10人。
午後もポツポツ掛り5時に納竿。

結果は山崎氏16匹、私14匹、望月氏と青木氏が2匹づつ。
このところの猛暑で午後は水温が上がり過ぎ
追いが悪いようだった。
川の水がお湯のようだった0口0
これから興津川に入る人は午前中がおすすめおすすめ


          山崎氏の釣果16匹


          私、14匹
 


          釣ってた場所から海の方を眺めると駿河健康ランドが見える
 

                          TADAO MURAOKA
| 川釣り | - | - | posted by blogmuraoka
第39回G杯争奪日本アユ釣り選手権興津川大会 23:12
第39回目となる がまかつ主催「G杯争奪アユ釣り大会地区予選」が
本日地元興津川にて開催されました。

前日からの雨で川は薄濁り。
そして20僂らいいつもより水位が高い・・・

我々大会役員とがまかつ社員3名は午前4時に和田島橋下に集合。
本来は午前に予選、午後に決勝が行われる予定だったが
予報ではかなりの雨量になりそうなので、急遽午前の一回勝負で
の競技に変更決定。

参加選手は140名、あいにくの天候にもめげず
やる気満々やる気

参加者にオトリ2匹づつ配られ競技開始スタート

それぞれ自分の選んだ場所に入り1時間が過ぎる頃には
上流から小枝や葉っぱが流れてきて増水の予兆心配
そこで11時までの競技予定を繰り上げて8時に終了悲しい

結果、1位はオトリ込みで7匹。2位は5匹。
あと4匹、3匹の人が約半数もいてビックリビックリ
当店から出場した松浦君が2位に入り全国大会出場できることになったオメデトウ

せっかく集まってくれた出場者にはもう少し良いコンデションで
競技してもらいたく昨夜から雨が気になって眠れなかったが、
何とか事故もなく終わることができたのでホットしました。


                     TADAO MURAOKA


      朝早くから大会関係者や出場者が集合


            開始前に出場者に説明


            表彰式


            上位入賞者


            雨の影響でかなり水位が上がりました
| 川釣り | - | - | posted by blogmuraoka
興津川のアユ解禁 間近か!! 21:29
興津川沿線でも みかん畑には花が満開で良い香りがしています 花

GWも終わり もう少しでアユの解禁です

天然アユも昨年並みに遡上しましたグー

今日は興津川の下見に行って来ましたよ きょろきょろ


              小島堰堤 アユ遡上の最大の難所



              小島堰堤の下流 高齢者にも優しい釣り場所




              小島堰堤下  アユ君 がんばって上がってくれ汗



              丸淵 上流



              谷津 新幹線下 ここは福山淵が埋まって浅くなり釣りやすくなった



              新幹線下流 昨年まではコロガシ釣り場だったが、今年は
              7月まで友釣りも出来る場所
   




| 川釣り | - | - | posted by blogmuraoka
興津川入漁証入荷しました 22:21
渓流釣りもだんだんと近くなってきましたね

今年の興津川入漁証は昨年までとは大きく変わりました

〈まる公〉(70歳以上、女性、高校生以下、障がい者)が廃止され

一律7000円となりました

なお、小学生、中学生は無料 高校生と女性も無料ですが組合が発行する

確認済み証」が必要です

その「確認済み証」の発行に500円かかります 

またその「確認済み証」の発行は漁協で行います

入漁証販売店では取り扱っていませんのでご注意ください








| 川釣り | - | - | posted by blogmuraoka
巴川ハゼ釣り大会 21:40
清水区入江地区巴川美化推進運動の一環として
「巴川ハゼ釣り大会」が開催されました。



               受付風景


今日はまさに「秋晴れ」晴天晴れ

巴川の水も澄んで絶好の釣り日和となり
約80人の子供と大人の釣り人が腕を競いました。



               江尻小学校前


競技開始は9時でしたが 潮が動かず1時間位は皆苦戦しました。
10時頃から潮が動き始め「いれぐい」状態。
11時の競技終了までに50匹釣った人が優勝でした。





        ボランティアの人から釣り方を教わって


1匹も釣れないという人はいなくて 子供の部でも30匹釣った
小学生もいました。



        初めて釣ったという小学生もいました 




              表彰式表彰式



清水区の住民にも巴川がこんなにきれいになったのは
あまり知られていないかもしれませんが
今や巴川は鮎も上るしスズキ、クロダイ、ナマズ、鯉、
ボラ、うなぎ、キビレなどが生息し 釣り好きな方々には
面白い川となっています。

特にハゼは良く釣れます。エサは赤イソメ。
皆さんもじゃんじゃん釣って下さい魚
| 川釣り | - | - | posted by blogmuraoka
大千瀬川の友釣り 20:02
解禁から雨が少ないため 鮎が追ってくれなくて
なかなか掛らなかったが
8月末の雨雨で1m増水し鮎が掛りだしたとの情報をもらって
友釣り仲間と出掛けました。

オトリ屋で「竹やぶ」がいいかもしれないと教えられそこは入ってみた。
少し下流には2〜3人釣り人が見えたが 車を止めた前は誰もいない。
さっそく竿を出した。

午前中は2人とも10匹。
午後はゆっくりして2時ころから釣り始め5時までに6匹。
二人とも仲良く16匹の釣果だった仲良し

                  TADAO MURAOKA









| 川釣り | - | - | posted by blogmuraoka
いざ 気田川へ! 22:21
釣り仲間の樋口氏といっしょに気田川へ友釣りに行ってきました太陽

朝8時30分に自宅を出発し 気田川と天竜川の合流点より少し上がいいという
情報をもとに まず天竜川へ行ってみると秋葉橋の下流には10人位が並んで
釣っていました。僕らは気田川に入ってオトリ屋へ寄ったら
「ここより天竜川の方が釣れてるよ」と教えられ気田川をあきらめ
天竜のさらに上を目指しました車

中流部の中道オトリ屋でオトリと入漁証を購入し久里崎橋上流に入ってみました。
そこには釣り人が2〜3人ほどいましたが 河原まで車で入れるので超便利ビックリ

瀬の頭に車を停め二人で支度をして釣り始めました。
型は小ぶりだけど午前中に10匹位掛けたので 夕方に期待が持てました。
樋口氏も10匹掛けて 夕方4時頃から本流からはずれた川幅3m位の支流に移動すると
20僂鯆兇好▲罎掛りびっくりビックリ

その場所で30分間ほどの間に7匹をゲットビックリ
その後も5時10分過ぎ位までやって23匹。
まずまずの釣果と言えるでしょう楽しい

                              TADAO MURAOKA

















| 川釣り | - | - | posted by blogmuraoka
がまかつG杯争奪全日本鮎釣り選手権予選会開催 21:38
おとといのダイワマスターズ鮎釣り大会に続いて 本日
第37回G杯争奪アユ釣大会の予選会が興津川で開催されました。
がまかつG杯のアユ予選会は全国11か所で行われ
県内でも昨年までは20年近く狩野川で開催されていましたが
今年は初めて興津川の茂野島地区で開かれ
全国から112名の参加者が集まりました。

おとといのダイワの大会で鮎をすっかり釣られて今日の
釣果はイマイチかなと予想されましたが
幸いにも予想がはずれて良かったです。
予選通過はオトリ込み6匹でした。

今日は水位もかなり低くて天候も雨のち曇りで
水温も低めでしたが鮎の群れを見つけた人は
15匹位を釣り上げていました。

大網吊り橋を中心に上流、下流に分け
上流は西里堰堤下、下流は第二東名橋まででした。

決勝は11時30分から13時30分まで
予選を勝ち抜いた44名で行われました。
決勝区間はやまびこ橋下流から和田島堰堤まででした。
決勝時間が2時間だったので釣果は期待できなかったが
ナント!!13匹を頭に10匹以上釣り上げた人が6人もいて
良い大会をなりました。

G杯決勝は8月4〜6日に和歌山県の日置川で行われる予定です。
本日の予選会上位7名が参加します。


   


       大会説明に集まった選手のみなさん



       興津川漁協組合長 柿沢氏のあいさつ



       おとりの配布を待つ選手



       大会本部テント



       大網釣り橋から大会を見守る人たち



       表彰された1位から3位の選手



       大会結果表




| 川釣り | - | - | posted by blogmuraoka
興津川鮎解禁!! 22:24
待ちに待った解禁日でしたがあいにくの雨

水温の上昇がイマイチでしたがいいポイントに入った人は午前中に
50匹くらいを釣った。サイズは12〜19僂らい。

今日人気のあった場所は茂野島、清地、漁協裏など。

明日からは天気も良く気温も上がる見込みなので
期待できそうだ。


    大網釣り橋から見た上流
    来月のダイワとがまかつの大会会場となる             



    大網釣り橋からみた下流



    和田島橋から見た下流



    清地釣り橋上流
    大型鮎の影あり    



    清地釣り橋から見た下流
| 川釣り | - | - | posted by blogmuraoka
興津川鮎解禁!! 22:23
待ちに待った解禁日でしたがあいにくの雨

水温の上昇がイマイチでしたがいいポイントに入った人は午前中に
50匹くらいを釣った。サイズは12〜19僂らい。

今日人気のあった場所は茂野島、清地、漁協裏など。

明日からは天気も良く気温も上がる見込みなので
期待できそうだ。


    大網釣り橋から見た上流
    来月のダイワとがまかつの大会会場となる             



    大網釣り橋からみた下流



    和田島橋から見た下流



    清地釣り橋上流
    大型鮎の影あり    



    清地釣り橋から見た下流
| 川釣り | - | - | posted by blogmuraoka
<< | 2/5 | >>